胃と腸アトラスⅠ上部消化管 第2版


監 修         八尾恒良 福岡大学名誉教授・佐田病院名誉院長

編 集         「胃と腸」編集委員会

編集委員   芳野純治 藤田保健衛生大学坂文種報德會病院院長

                  小山恒男 佐久医療センター内視鏡内科部長

                  岩下明德 福岡大学筑紫病院病理部教授

本書の特徴
刊行以来好評を博してきた美麗な症例写真による消化管疾患のアトラスが,装いも新たに全面改訂。今版では最新の知見・モダリティを盛り込んだことはもとより,咽頭から大腸まで,各臓器でみられる消化管病変を網羅した。豊富な症例と美麗な画像によってまとめあげられた消化管疾患アトラスの決定版であり,本邦の消化管形態診断学のマイルストーンとなる書。消化管疾患診療に携わるすべての医師へ。Ⅰでは上部消化管病変を掲載。

A4 頁400 2014年 定価:本体14,000円+税 
[ISBN978-4-260-01746-6]

ご購入はこちらから!

目 次

咽頭
食道
1 先天性異常,解剖学的異常
2 機能異常
3 炎症
4 脈管性病変
5 全身性疾患に伴う食道病変
6 Barrett食道
7 その他の食道病変
8 腫瘍・腫瘍様病変
 1)上皮性腫瘍・腫瘍様病変
 2)非上皮性腫瘍・腫瘍様病変
9 接合部病変

1 先天性異常,解剖学的異常
2 炎症(非感染性)
3 炎症(感染性)
4 脈管性病変
5 全身性疾患に伴う胃病変
6 その他の胃病変
7 腫瘍・腫瘍様病変
 1)上皮性腫瘍・腫瘍様病変
 2)非上皮性腫瘍・腫瘍様病変
 3)ポリポ―シス症候群の胃病変
十二指腸
1 先天性異常,解剖学的異常
2 炎症(感染性)
3 炎症(非感染性)
4 脈管性病変
5 全身性疾患に伴う十二指腸病変
6 その他の十二指腸病変
7 腫瘍・腫瘍様病変
 1)上皮性腫瘍・腫瘍様病変
 2)非上皮性腫瘍・腫瘍様病変
 3)ポリポ―シス症候群の十二指腸病変

第2版 監修の序
何事もパソコンやスマートフォンで簡単に検索できる時代であるが,診療に従事する医師は,多くの知識の獲得と臨床対応を求められ,慌ただしい日常を過ごしている.
「十年一昔」というが,『胃と腸アトラス』は初版の刊行から13年の歳月が経過した.この間,消化管の検索方法は著しい進歩を遂げた.また,日常遭遇する消化管疾患自体も時の流れとともに変貌している.
時代の変化に伴って「診断学」も進化を遂げる必要がある.「胃と腸」グループは新しい診断方法を取り入れながら,病変の見つけ出し診断にとどまらず,診断根拠となる画像所見と病理組織構築の対比に多大の時間とエネルギーを費やし,世界に冠たる消化管画像診断学のトップリーダーとしての地位を確立し続けている.
このエネルギーを是非とも“形”にしないと,“もったいない”という発想が『胃と腸アトラス』改訂のきっかけとなった.

『胃と腸アトラス』第2版は,芳野純治先生が雑誌「胃と腸」の編集委員長の頃に出版が企画され,編集委員会で承認され,私は監修の役を仰せつかった.その後,東日本大震災の影響で編集作業が暫く中断されたことや,一部の原稿の遅れなどの影響で随分予定を過ぎてしまったが,やっと上梓に至った.
いち早く原稿を書いて頂いた諸先生にお詫びを申し上げるとともに,日常的に1例1例を大切にして診療されている執筆者に敬意を表したい.また,「早期胃癌研究会」の運営委員,「胃と腸」の編集委員,そして,査読に時間と労力を費やして頂いた本書の編集委員,さらに私と本書の編集委員の我侭を素直に受け止めて,具体的な編集に努めて頂いた医学書院 飯村祐二氏に深謝したい.

優れた画像診断には検査者の技術,経験とともに,病態に関する識見が必要である.しかし,個人の経験や知識は限られている.
大判の写真をふんだんに使い綺麗に仕上がっている本書は,インターネットに向き合うより気楽で疲れない.診療の糧として頂くのはもちろん,暇なときに漫画の代わりに気楽に開いて頂けると,読者の“経験・知識”の一端を担えることになると信じている.そして,最終的には,われわれ臨床家のすべての根源でもある患者さんの診療に生かされることを祈っている.
1~2回の飲み会の費用を節約して本書を購入して頂くと幸甚である.

2014年晩春
八尾恒良

第2版 序
『胃と腸アトラス』初版は,本邦独自の消化管診断学を集成し臨床に役立てることを目的として,雑誌「胃と腸」の編集委員会で企画され,2001年6月に上梓された.IとIIの2巻にわたり,食道26項目,胃46項目,十二指腸11項目,全身性疾患の消化管所見13項目,小腸23項目,大腸(虫垂を含む)72項目,消化管ポリポーシス9項目の全200項目について,美しい画像が呈示され簡潔な説明がなされている.診断に困ったときや所見を読むためにこれまで何度も同書を開いてきた.
一方,画像診断はこの10年余の間に急速な発展を遂げた.通常のX線像や内視鏡像だけではなく,現在ではNBI内視鏡,拡大内視鏡などが用いられ,より精緻な診断が求められるようになった.小腸に対してはバルーン内視鏡やカプセル内視鏡が用いられ,新たな画像が得られている.また,咽頭病変を含めて,症例がその後さらに多数蓄積されるようになった.

これらの時代の流れに対応するため,初版を責任編集された八尾恒良先生に,第2版の作成について2009年頃よりご相談・ご指導をいただき,2010年6月の「胃と腸」編集委員会にて『胃と腸アトラス』の改訂を行うことを提案し,了承された.そして,編集委員として小山恒男,小林広幸,松田圭二,芳野純治が選出され,正式に製作が開始されたのである.その間,ご指導をいただいた八尾先生には,同年12月の「胃と腸」編集委員会にて本書の監修をしていただくことが了承されている.そして,病理所見について正確な記載を求めるために,2012年3月の「胃と腸」編集委員会にて岩下明徳が加わることが承認された.咽頭・食道を小山,胃・十二指腸を芳野,小腸を松田,大腸を小林が担当し,病理を岩下が担当,八尾先生はすべての症例に目を通された.

第2版では,各臓器について網羅的に疾患を挙げ,「胃と腸」誌と同様に画像が美しい症例を呈示できるように執筆者を選択した.上部消化管・下部消化管に分けて製本されたが,全316項目のうち上部消化管は咽頭5項目,食道58項目,胃62項目,十二指腸48項目の計173項目が掲載されている.初版と比較すると約2倍の項目数である.複数の臓器に病変が存在する疾患は,それぞれの臓器の所見を呈示するとともに,他臓器との関連,疾患の説明が主に記載される臓器を明示し,同じ文章が各臓器に重複して記載されることを避けた.
本書の完成には約4年の期間を要し,「胃と腸」編集委員および早期胃癌研究会運営委員の方々の絶大なるご協力をいただいたことに感謝している.そして,日常臨床の場に本書が役立つことを期待している.また,終始ご支援をいただいた医学書院医学書籍編集部 飯村祐二氏に御礼申し上げる.

2014年4月
「I 上部消化管」編集委員
芳野純治
小山恒男
岩下明德

【書評:胃と腸アトラス】
「美しい写真がすべてを語る,素晴らしい書」 書評者:武藤 徹一郎(がん研有明病院 名誉院長)
「美しい画像に息をのむ,消化管疾患アトラスの決定版」 書評者:田尻 久雄(日本消化器内視鏡学会理事長/慈恵医大主任教授・消化器・肝臓内科)
「読んで,見て,とても楽しいアトラス」 書評者:千葉 勉(京大教授・消化器内科学)