「胃と腸」2018年5月号(53巻6号)

序説 小腸出血性疾患の診断と治療─最近の進歩 松井 敏幸 795
主題 小腸出血性疾患の臨床的特徴 矢野 智則・他 801
小腸出血性疾患の病理 二村 聡 808
出血を主徴とする小腸非腫瘍性病変の診断と治療
─血管性病変
高梨 訓博・他 815
出血を主徴とする小腸非腫瘍性病変の診断と治療
─出血を主な臨床像とするCrohn病
大塚 和朗・他 823
出血を主徴とする小腸非腫瘍性病変の診断と治療
─NSAIDs起因性小腸粘膜傷害
太田 和寛・他 829
出血を主徴とする小腸非腫瘍性病変の診断と治療
─その他の非腫瘍性疾患
江﨑 幹宏・他 838
出血を来す小腸腫瘍性病変の診断と治療
─上皮性腫瘍
三井 啓吾・他 848
出血を来す小腸腫瘍性病変の診断と治療
─血管性病変を含む非上皮性腫瘍
岡 志郎・他 858
主題研究 共焦点レーザー内視鏡からみた
小腸血管性病変の生体内顕微観察
鎌野 俊彰・他 869
主題症例 貧血を契機に発見された終末回腸原発のpyogenic granulomaの1例 西川 雄祐・他 873
下血を来したサイトメガロウイルス小腸炎の1例 青山 大輝・他 878
特異な形態を呈した空腸動静脈奇形の1例 武田 輝之・他 883
小腸に主病変を呈した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の1例 田中 貴英・他 887
早期胃癌研究会症例 特異な形態を呈した胃底腺粘膜型胃癌の1例 久米井 伸介・他 893